NGINX Plus

NGINX R16がリリースしました。

こんにちわ、サイオステクノロジーの原です。

2018年9月5日にNGINX Plus R16がリリースされました。
今回のリリースではクラスタ機能の追加、UDPパケットの新たなプロトコルにも対応し、
更なるNGINXインスタンス可用性と拡張性が高まりました。

以下、詳細を和訳し記載します。

——————————————————————————————————————————————–

  • モジュールを使用したクラスタでのレート制限のサポートzone_sync
  • モジュールを使用してクラスタ内のキーバリューストアをサポートzone_sync
  • キーバリューストアモジュールのタイムアウトのサポート
  • randomロードバランシングアルゴリズムを2つの選択肢のオプションでサポートします。
    2つの選択肢を使用する場合、least_timeまたはleast_conn2つの負荷分散の決定に使用できます
  • streamクライアントからの複数のUDPパケットを新たにサポートし、拡張されたUDP負荷分散(モジュール)OpenVPN、VoIP、VDIなど、より複雑なUDPプロトコルをサポートします。
  • プロキシプロトコルv2(PPv2)ヘッダーのサポート、およびヘッダー内のカスタムTLV値の検査機能
  • AWS PrivateLinkのサポート、AmazonのVPCへのセキュアなトンネル作成技術
  • OpenIDの接続のリファレンス実装で、不明なセッショントークンをサポートするように拡張されました
  • TCP / IP streamプロキシを使用してトラフィックを転送する場合のSSL / TLSとその他のプロトコルを区別する新しい変数が追加されました。($ssl_preread_protocol
  • 新しい暗号化セッション動的モジュールが利用可能になりました。
  • NGINX JavaScriptモジュールが更新されました:
    • 各HTTPリクエストに関連付けられたリクエスト属性とレスポンス属性の両方にアクセスするための単一のobject()が追加されました。
    • 新しい言語サポート:bytesFrom()padStart()padEnd()getrandom()getentropy()、およびバイナリリテラル

——————————————————————————————————————————————–

以下、原文を記載します。

——————————————————————————————————————————————–

NGINX open source build 1.15.2, 5 September 2018

NGINX Plus R16 is a feature release:

  • Support for rate limiting in a cluster using zone_sync module
  • Support for key-value store in a cluster using zone_sync module
  • Support for timeouts in key-value store module
  • Support random load balancing algorithm with option of two choices. When using use two choices, least_time or least_conn can be used for the load balancing decision between the two choices
  • Enhanced UDP load balancing (stream moddule) with new support for multiple UDP packets from the client. Support more complex UDP protocols such as OpenVPN, VOIP, and VDI.
  • Support for the Proxy Protocol v2 (PPv2) header, and the ability to inspect custom TLV values in the header
  • Support for AWS PrivateLink, Amazon’s technology for creating secure tunnels into a VPC
  • The OpenID Connect reference implementation has been extended to support opaque session tokens
  • New $ssl_preread_protocol variable to distinguish between SSL/TLS and other protocols when forwarding traffic using a TCP (stream) proxy
  • New Encrypted-Session dynamic module available
  • The NGINX JavaScript module has been updated:
    • There is now a single object (r) to access both request and response attributes associated with each HTTP request.
    • New language support: bytesFrom()padStart()padEnd()getrandom()getentropy(), and binary literals

——————————————————————————————————————————————–

コメントを残す

*