NGINX Plus Release 18 (R18)

投稿者: | 2019年4月9日

NGINX open source build 1.15.10 2019/4/9

NGINX Plus R18 の新機能

  • 動的なSSL証明書のロードOpenID Connect 対応の強化
  • アクティブヘルスチェックの強化
  • 設定ファイル内でのKey-Valueの設定
  • ポート範囲を listen ディレクティブで使用可能に
  • クラスタリング環境の設定の簡素化
  • TCP/UDPプロキシ: 削除された特定のアップストリームサーバーへの既存の接続を明示的に切断
  • Helm レポジトリからのインストール (Kubernetes Ingress Controller
  • 新しい変数 $upstream_bytes_sent

R18のモジュールに関する変更

  • Brotli (新規)
    汎用の可逆データ圧縮アルゴリズム。
  • OpenTracing (新規)
    Datadog、Jaeger、Zipkin などの様々な分散トレースサービスのためのOpenTracing準拠のリクエストで NGINX Plus を計測可能にする機能
  • Lua (更新)
    NGINX Plusのためのスクリプト言語。 LuaJIT 2.1 を使用するように更新。
  • NGINX JavaScript (更新)
    NGINX Plusのための JavaScript モジュール。 0.3.0 に更新。

R18のサポートプラットフォーム

  • Alpine Linux 3.8, 3.9
  • Amazon Linux (2018.03+), Amazon Linux 2 LTS
  • CentOS 6.5+, 7.4+
  • Debian 8.0, 9.0
  • FreeBSD 11.2+, 12.0
  • Oracle Linux 6.5+, 7.4+
  • RHEL 6.5+, 7.4+
  • SUSE Linux Enterprise Server 12, 15
  • Ubuntu 14.04 LTS, 16.04 LTS, 18.04, 18.10

Amazon Linux 2017.09 は非サポートに、現在サポートされるバージョンは2018.03以上

CentOS/Oracle/Red Hat Enterprise Linux 7.3 は非サポートに、現在サポートされるバージョンは7.4以上

Debian 8.0 は NGINX Plus R19 で非サポートに

Ubuntu の14.04 は NGINX Plus R19 で非サポートに

詳細は以下のURLを参照ください。
https://www.nginx.com/blog/nginx-plus-r18-released/