NGINX(コミュニティ版)

Nginx 1.9.2 がリリースされました。

本記事では CHANGES に掲載された Nginx 1.9.2 のリリース情報をまとめています。
 

6月16日に Nginx 1.9.2 がリリースされました。
今回のCHENGESを見ますとストリームモジュールを中心に機能強化が行われています。

以下、Nginx 1.9.2 の CHANGES の日本語参考訳となります。

  • メールプロキシとストリームモジュールの”listen”ディレクティブの”backlog”パラメータが追加されました。
  • ストリームモジュール内の “allow” と “deny” ディレクティブが追加されました。
  • ストリームモジュール内の “proxy_bind” ディレクティブが追加されました。
  • ストリームモジュール内の “proxy_protocol” ディレクティブが追加されました。
  • -T switch が追加されました。
  • REQUEST_SCHEME パラメータは、uwsgi_params、fastcgi_params、scgi_params、fastcgi.confの標準設定ファイルに追加されました。
  • バグ修正:ストリームモジュールの”listen”ディレクティブの「reuseport」パラメータが機能しませんでした。
  • バグ修正:OCSP stapling がある場合には有効期限が切れたOCSPレスポンスを返すことがあります。

 

Nginx.org の CHANGES 原文は、下記のとおりです。

*) Feature: the “backlog” parameter of the “listen” directives of the mail proxy and stream modules.

*) Feature: the “allow” and “deny” directives in the stream module.

*) Feature: the “proxy_bind” directive in the stream module.

*) Feature: the “proxy_protocol” directive in the stream module.

*) Feature: the -T switch.

*) Feature: the REQUEST_SCHEME parameter added to the fastcgi.conf, fastcgi_params, scgi_params, and uwsgi_params standard configuration files.

*) Bugfix: the “reuseport” parameter of the “listen” directive of the stream module did not work.

*) Bugfix: OCSP stapling might return an expired OCSP response in some cases.

 

コメントを残す

*