NGINX(コミュニティ版)

Nginx 1.9.0 がリリースされました

4月28日にMainline となる Nginx 1.9.0 がリリースされました。 本記事ではリリースの概要をご案内します。
 

4月28日に Mainline となる Nginx 1.9.0 がリリースされました。4月21日にリリースされた Stableline (安定版)の Nginx 1.8.0 と共に今後はこの2バージョンを中心に開発が進んでいきます。

Nginx 1.9.0 の主なトピックスとしては、TCP Proxy および load balancing に対応するngx_stream_core モジュールが追加されました。コンパイルして導入する場合にはコンパイル時のパラメーターオプションに--with-stream が必要です。

Nginx が提供する CHANGES の参考訳を以下にご案内します。

Nginx 1.9.0 CHANGES

  • 廃止された aio および rtsig イベントメソッドを削除
  • ”upstream” ブロックに “zone” ディレクティブを追加
  • ”stream” モジュールの追加
  • ngx_http_memcached_module が byte ranges をサポート
  • アドレス空間レイアウトがランダム化したWindows バージョンで shared memory が使用できます。
  • “error_log” ディレクティブはメールプロキシのメールおよびサーバーレベルで使用できます。
  • Bugfix: はじめの “listen” ディレクティブにて listen socket が指定されていない場合は “proxy_protocol” が正しく動作しない Bug を修正しました。
 
上記はNginx.orgが提供するCHANGE情報を訳した内容となります。正式な内容はこちらを参照ください。
nginx_sios

コメントを残す

*