Nginx 1.11.3 リリース

7月26日に Nginx 1.11.3 がリリースされました。 本記事では、同バージョンのリリース内容についてご案内します。
 

2016年7月26日に、Nginx 1.11.3 がリリースされました。

今回のリリースでは、ngx_stream 関連のモジュールにて機能追加が多く行われています。
以下に同バージョンの参考訳を掲載いたします。

Nginx 1.11.3 リリース内容

  • 機能追加:現在、”accept_mutex” ディレクティブはデフォルトで OFF に変更されました。
  • 機能追加:現在、Linux環境の nginx は EPOLLEXCLUSIVE を使用しています。
  • 機能追加:ngx_stream_geo_module
  • 機能追加:ngx_stream_geoip_module
  • 機能追加:ngx_stream_split_clients_module
  • 機能追加:stream module の “proxy_pass” および “proxy_ssl_name” ディレクティブは、変数をサポートします。
  • Bug修正:HTTP/2 を使用している場合、ソケットリークが発生してました。
  • Bug修正:configure tests のバグ修正
Changes with nginx 1.11.3                                                         26 Jul 2016

*) Change: now the “accept_mutex” directive is turned off by default.

*) Feature: now nginx uses EPOLLEXCLUSIVE on Linux.

*) Feature: the ngx_stream_geo_module.

*) Feature: the ngx_stream_geoip_module.

*) Feature: the ngx_stream_split_clients_module.

*) Feature: variables support in the “proxy_pass” and “proxy_ssl_name” directives in the stream module.

*) Bugfix: socket leak when using HTTP/2.

*) Bugfix: in configure tests. Thanks to Piotr Sikora.

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*