NGINX(コミュニティ版)

nginx 1.11.2 リリース

2016年7月5日に公開された Nginx 1.11.2の情報を公開しています。
 

2016年7月5日に Nginx 1.11.2 がリリースされました。

今回のリリースでは、 stream module を中心に機能追加が行われました。リリースの概要を参考訳で以下に記載します。

Nginx 1.11.2 リリース内容

  • 変更:現在、Nginx はMD5およびSHA1を実装しています。-with-md5、 –with-sha1 オプションは現在利用できません。
  • 機能追加:stream module は変数に対応しました。
  • 機能追加:ngx_stream_map_module を追加
  • 機能追加:ngx_stream_return_module を追加
  • 機能追加:”proxy_bind”, “fastcgi_bind”, “memcached_bind”, “scgi_bind”, “uwsgi_bind” ディレクティブにてポートの指定が可能になりました。
  • 機能追加:現在、Nginx は IP_BIND_ADDRESS_NO_PORT を使用できます。
  • Bug修正:HTTP/2および ”proxy_request_buffering” ディレクティブを使用するときに、ワーカープロセスでセグメンテーションフォールトが発生する可能性があります。
  • Bug修正:HTTP/2 を使用した場合、”Content-Length” リクエストヘッダ行は常に、バックエンドに受け渡すリクエストにBody のないリクエストを含めて追加されました。
  • Bug修正:HTTP/2を使用した場合、”http request count is zero” アラートがログに表示される場合があります。
  • Bug修正:”sub_filter” ディレクティブを使用している場合、不要なバッファリングが発生する場合があります。この問題は 1.9.4 から組み込まれていました。
Changes with nginx 1.11.2                                                                05 Jul 2016

*) Change: now nginx always uses internal MD5 and SHA1 implementations; the –with-md5 and –with-sha1 configure options were canceled.

*) Feature: variables support in the stream module.

*) Feature: the ngx_stream_map_module.

*) Feature: the ngx_stream_return_module.

*) Feature: a port can be specified in the “proxy_bind”, “fastcgi_bind”, “memcached_bind”, “scgi_bind”, and “uwsgi_bind” directives.

*) Feature: now nginx uses the IP_BIND_ADDRESS_NO_PORT socket option when available.

*) Bugfix: a segmentation fault might occur in a worker process when using HTTP/2 and the “proxy_request_buffering” directive.

*) Bugfix: the “Content-Length” request header line was always added to requests passed to backends, including requests without body, when using HTTP/2.

*) Bugfix: “http request count is zero” alerts might appear in logs when using HTTP/2.

*) Bugfix: unnecessary buffering might occur when using the “sub_filter” directive; the issue had appeared in 1.9.4.

 

コメントを残す

*