NGINX Plus

OpenShift Container Platform 3.10用のNGINXおよびNGINX Plusルーターの紹介

この記事はNGINX,Inc.のブログ記事「Introducing NGINX and NGINX Plus Routers for OpenShift」を和訳した内容となります。

URL: https://www.nginx.com/blog/introducing-nginx-and-nginx-plus-routers-for-openshift/

 

Red Hat OpenShiftは、主要なコンテナオーケストレーションおよび管理システムであるKubernetesの上に構築されたコンテナプラットフォームです。OpenShiftは、オープンソースプロジェクト、OpenShift Origin、および市販の製品であるOpenShift Container Platformとして利用できます。

OpenShift Container Platform 3.10の今後のリリースでは、プロダクションOpenShiftクラスタへのトラフィックを最適化するルータとして、高度な機能と完全な商用サポートを備えたソフトウェアロードバランサNGINX Plusを利用することができます。

OpenShiftは、開発者やオペレーター中心のツールをKubernetes上に追加し、セキュリティやその他統合された機能で拡張します。ルータと呼ばれるこれらの機能の1つは、OpenShiftにデプロイされたアプリケーションのエッジリクエストルーティングとロードバランシングを提供します。私たちはNGINXとNGINX PlusがOpenShiftプラットフォームと完全に統合され、それぞれがルーターとして使用できることを確認しています。

ルーターとは?

ルーターは、ルータープラットフォームの最も重要な部分の一つで、OpenShift上で実行しているアプリケーションの外部リクエストのためのエントリポイントとして機能します。ルーターの仕事は、特定のリクエストに対して適切なアプリケーションを特定し、そのアプリケーションのインスタンスにリクエストをルーティングすることです。したがって、ルーターはOpenShift上のアプリケーションにエッジ負荷分散を提供します。

ルーターは、HTTPとWebSocketトラフィックの負荷分散を行い、ルーターインスタンスとアプリケーションインスタンス間のTLSターミネーションおよびTLS接続をサポートします。さらに、ルーターはパススルーモードでTLS接続の負荷分散を行うことができます(復号化はしません)。OpenShiftには、ルーターを設定するためのRouteという特別なリソースが含まれています。

ルーターがダウンしたり正常に動作しない場合、クライアント側からアプリケーションが使用できなくなります。従って、これは、ルーターが実績のある信頼性の高い技術の上に構築されていることが不可欠であると分かります。

ルーターは、OpenShiftのプラグインが可能な部分です。つまり、OpenShiftユーザーは、要件と環境設定を満たすルーター実装を選択できます。

Kubernetes Ingressに関する注記: OpenShiftでも利用可能な組み込みのKubernetes Ingressリソースは、ルーターと同様のエッジロードバランシング機能を提供します。NGINXとNGINX Plusはどちらも、Kubernetes用のNGINX Ingress Controllerを使用してIngressリソースをサポートしています。Red Hatの現在の推奨事項として、IngressリソースはまだOpenShiftの技術プレビュー機能であり、標準のIngress機能はRouteリソースが提供するものに比べて限られているため、Routeリソースを使用することです。

NGINXおよびNGINX Plusルーター

NGINXはコンテナプラットフォームでの採用実績があり、Docker Hubからコンテナイメージを1000万回以上、Kubernnetes のIngressコントローラーを 100万回以上使用されています。私たちは、既存サービスからOpenShiftユーザーへ拡張して、我々の技術の上に構築されたルーター実装/提供されることを喜ばしく思っています。

ルーター実装の主な特長は次のとおりです。

  • Route仕様の完全サポート。NGINXルーターは、Routeリソースによって定義された機能を完全にサポートしています。
  • カスタマイズオプション。さまざまなカスタマイズオプションと追加の機能は、環境変数とRouteアノテーションを介して利用できます。これは、他のルーター実装における共通のアプローチです。
  • おなじみの運用経験。NGINX Routerは、デフォルトルーターの実装を支えるのと同じソフトウェアであるTemplate Routerソフトウェアを介してOpenShiftに統合されています。その結果、使い慣れた運用経験が得られ、デフォルトのルータ実装からの移行が容易になります。
  • NGINXのパフォーマンスと安定性。NGINXルーターを使用すると、NGINXソフトウェアの性能と信頼性を得ることができます。
  • 最新のnginxの特徴。gRPCロードバランシングのネイティブサポートなどの新機能をOpenShift Routerでも発揮されることは非常に喜ばしいことです。新しい機能がNGINXおよびNGINX Plusで利用可能になると、それらをルーターの機能に組み込むことができます。
  • オープンソース。NGINXルーターの実装は、OpenShift Originリポジトリでホストされている完全オープンソースです。
  • 高度な機能。NGINX Plus Routerを使用すると、監視APIやダッシュボードなど、NGINX Plusの追加の利点が得られます。

どうやって始めるのか

NGINXルーターはOpenShift Container Platform 3.10に含まれており、OpenShift Originプロジェクトの最新ソースですでに利用可能です。NGINX Plus RouterはGitHub repoで別途ホストされています。

まず、NGINXルーターNGINX Plusルーターのインストール手順を参照してください。

概要

NGINXとNGINX Plus Routersは、信頼性、性能、および必要な機能をOpenShiftプラットフォームの中核コンポーネント、つまりルーターとして機能を発揮します。

OpenShift Container PlatformとOpenShift Originの両方でこのフル機能のソリューションの作成に携わってくれたRed Hatに感謝します。

***************************************************************************

本ブログサイトの”ホワイトペーパー一覧”ページにeBOOKを公開致しました。
https://nginx.sios.jp/white-paper

***************************************************************************

 

ホワイトペーパー「ロードバランシングをソフトウェアに切り替える 5つの理由」

現代のITインフラ担当者は、ベアメタル、クラウド、コンテナなど様々な環境が混在する中、急激なトラフィックの増加やアプリケーションの迅速な展開といったWebサービスの課題に頭を悩ませています。Webの先進的な企業では、ハードウェアベースのアプリケーション デリバリー コントローラー(ADC)から、ソフトウェアベースのWebサーバーやロードバランサー、キャッシュサーバーに移行することでこの課題を解決しています。


現代のITシステムが求める高い柔軟性やスピード、コストパフォーマンスを満たすには、ソフトウェアが圧倒的に優位です。 このebookでは、IT責任者、ネットワーク担当者、アプリケーション開発者が、ハードウェアADCからソフトウェアソリューションに移行することで得られるメリットと優位性、ビジネスへの影響について、以下の5つの観点から解説します。


■目次■

1. 機能や性能を損なうことなくコストを劇的に削減します 

2. DevOpsへの移行にはソフトウェアベースのアプリケーションデリバリーが必要です

3. 1つのADCソリューションで、ベアメタル、クラウド、コンテナなど、どこにでも展開します 

4. アプリケーションへのニーズの変化に素早く対応します 

5. 性能に対して、意図的に制限を課したり、契約で制限を設けたりすることはありません


ダウンロード

コメントを残す

*