NGINX Plus

NGINX PlusとAWSネットワークロードバランサーで実現する、All Active構成での高可用性ソリューション

※本記事はNGINX,Inc.のブログ記事「Deploying NGINX Plus and AWS Network Load Balancer in an All-Active, Highly Available Solution」を和訳した内容となります。
【URL】
https://www.nginx.com/blog/deploying-nginx-plus-and-aws-network-load-balancer-in-an-all-active-highly-available-solution/

NGINXは、Amazon Web Services(以下AWS)向けに、新たに推奨の高可用性(HA)ソリューションを発表しました。このソリューションでは、新しいAWSネットワークロードバランサー(AWS NLB)を利用して、AWS上のWebアプリケーションのパフォーマンス、信頼性、スケーラビリティーを向上させます。

AWSのアプリケーション展開の規模は急速に拡大しています。以下は、Amazonの主要な
リソースです。:

 

また、NGINXでも、AWSに関する幅広いリソースを準備しています。

AWS NLBは、基本的なレイヤ4ロードバランシングに、迅速で効果的なソリューションを提供します。 NGINXは、AWSの新機能とNGINX Plusとの統合性に対し、またAWS上でNGINX Plusの可用性を大きく高めてくれる推奨ソリューションとして、とても感銘を受けています。 このインテグレーション事例の紹介として、AWS NLBとNGINX Plusを組み合わせるための導入ガイドを以下に公開しています。

 参考:導入ガイド 

このリソースは、AWSの大規模な導入は始めての方にも、経験豊かなプロの方にも非常に役立ちます。導入ガイドの手順に沿って利用すると、さまざまなアプリケーション導入の課題を処理するソリューションを作成できます。

  • 新しいAWS NLBによるレイヤ4の高速ロードバランシング
  • AWS Elastic IPアドレスのサポート
  • NGINX Plusインスタンスでの高可用、All-Activeのレイヤ7ロードバランシング。 NGINX Plusは、コンテンツベースのルーティング、高度なロードバランシングアルゴリズム、キャッシング、リアルタイムの設定変更、セッション・パーシステンス(セッション永続性)、アプリケーション認識のヘルスチェックをサポート。
  • アプリケーションコードを効率的に実行するために、オープンソースのNGINXソフトウェアを実行する複数のサーバーインスタンス。
  • AWSオートスケーリング、サーキットブレーカーパターンなどのサポート。

このAWS上の新しいロードバランシングソリューションは、NGINX Plusを使って、パワーと高度な機能を提供します。AWS NLBに従い、基本的なレイヤ4ロードバランシングを処理します。残りのソリューションにNGINX Plusを活用することで、比較的安価に、堅牢なロードバランシングソリューションをAWS上に作成できます。

 

このソリューションは、オンプレミス(ベアメタル、コンテナ、または仮想マシン)およびその他のクラウド環境に展開され、高可用性を誇る一連のNGINX Plusロードバランシングソリューションに加わるものです。そのアーキテクチャは、Google Cloud Engine(GCE)向けに all-activeかつ高い可用性を実現している、NGINX Plusベースのロードバランシングアーキテクチャに似ています。またGCEではレイヤ4ロードバランシングにGoogle Cloud Engine(GCE)ネットワークロードバランサを使っています。 NGINX Plusをお試しいたいただくには、今すぐ無料の30日間のトライアルを開始するか、当社までご連絡ください。それから、導入ガイドのステップバイステップの手順に従って、AWS NLBとNGINX Plusを設定してください。

ホワイトペーパー「ロードバランシングをソフトウェアに切り替える 5つの理由」

現代のITインフラ担当者は、ベアメタル、クラウド、コンテナなど様々な環境が混在する中、急激なトラフィックの増加やアプリケーションの迅速な展開といったWebサービスの課題に頭を悩ませています。Webの先進的な企業では、ハードウェアベースのアプリケーション デリバリー コントローラー(ADC)から、ソフトウェアベースのWebサーバーやロードバランサー、キャッシュサーバーに移行することでこの課題を解決しています。


現代のITシステムが求める高い柔軟性やスピード、コストパフォーマンスを満たすには、ソフトウェアが圧倒的に優位です。 このebookでは、IT責任者、ネットワーク担当者、アプリケーション開発者が、ハードウェアADCからソフトウェアソリューションに移行することで得られるメリットと優位性、ビジネスへの影響について、以下の5つの観点から解説します。


■目次■

1. 機能や性能を損なうことなくコストを劇的に削減します 

2. DevOpsへの移行にはソフトウェアベースのアプリケーションデリバリーが必要です

3. 1つのADCソリューションで、ベアメタル、クラウド、コンテナなど、どこにでも展開します 

4. アプリケーションへのニーズの変化に素早く対応します 

5. 性能に対して、意図的に制限を課したり、契約で制限を設けたりすることはありません


ダウンロード

コメントを残す

*