セミナー情報

NGINX Conf 2018 参加レポート in アトランタ

こんにちは、サイオステクノロジーの原です。
サイオステクノロジーは今年10月9日から10日(計2日間)、アトランタで開催されたNGINX Conf 2018に参加しました。

今年のカンファレンステーマは「Journey to Microservices」で、マイクロサービスへの転換の旅立ちに向けて
を開発者から運用者、アーキテクト達が有意義に情報を収集する時間であったと思います。

本記事では、ジェネラルセッションの内容を会場の雰囲気も交えながら要約してお伝え出来ればと思います。

会場

NGINX Conf 2018はジョージア州アトランタのLoews Atlanta Hotel Conference Roomにて執り行われました。

ジェネラルセッションの会場はこんな感じでした。
ロゴマークがいかにもマイクロサービスへの旅立ちを象徴しているようですね。

 

ジェネラルセッション(1日目)

初めにCEOのGus Robertson 氏が登壇しました。

内容としては、デジタル時代の企業に影響を与える最新動向、モダナイゼーションの手法、
そこでNGINXアプリケーションプラットフォームがどのように役立つか説明をされました。

デジタル時代を生き残っていくためには、インフラが柔軟性・俊敏性に富んでおり、サービスは独立化 / 分散化していくことが大切です。
今後、NGINXアプリケーションプラットフォームも動的なデリバリーゲートウェイ機能を重きに置いて展開されるようです。

続いてプロダクトマネージメントVP のSidney Rabsatt 氏が登壇しました。

NGINX,Inc が提供するテクノロジーと、ソリューションが企業組織に選択の自由を与え、モダナイゼーションを迅速にするために必要な要素、またアジャイルに実現する方法を説明されました。

ジェネラルセッション(2日目)

2日目はプロダクトマネージメント Sr.ディレクターの Owen Garrett氏が登壇し、
現在リリースされている製品全体の要約と今後の製品ロードマップ、コミュニティ版の主要な機能アップデートについて説明しました。

 

NGINX Controller 2.0では、各NGINX Plusで管理しているAPIもGUIベースで運用管理が行え、変更時に1台ずつ変更・修正を行う必要が無くなります。また、クライアントから各マイクロサービスへのAPI通信(1:n)も1回で済みます。そのため、数多のマイクロサービスを稼働しているユーザーには非常に運用管理コストが簡素化されます。

 

また、NGINX Unit 1.4では、SSL/TLS、Node.js対応により、セキュアでより軽量な動的アプリケーション作成が可能となり、マイクロサービス上でのパフォーマンス向上が見込まれます。

既存ユーザーでNGINX PlusはAPIゲートウェイとして40%も利用されているようです。その背景として、今年に入ってマイクロサービスへの移行化が本格的に始めている企業が増えていることにありそうです。

さいごに

海外では先行してマイクロサービス環境への投資/導入が進んでおり、来年度以降は“モノリシック / マイクロサービス”が混在したハイブリッド環境が主流となり、ますますサービスの独立化・Ingress Controller・APIゲートウェイの導入に拍車が掛かっているんだと思いました。

 

それとは裏腹に日本市場では、“マイクロサービス”への移行に踏み止まっている企業も多数あり、ロードバランサーでの提案で止まってしまっています。

そのため、現時点ではNGINX PlusでAPIゲートウェイの訴求が難しく、まずは“マイクロサービス”の費用対効果、移行プロセスをお客様、内部の経営層に理解・判断頂けるよう地道に啓蒙活動を行っていく必要性があると感じました。

Save the date! NGINXがRed Hat Forum Tokyo 、Japan Container Daysに登壇します!

もうお申込みはお済みでしょうか?

NGINXが、11/8(木) 開催のRed Hat Forum Tokyoではゴールドスポンサーとして、12/4(火)-5(水) 開催のJapan Container Daysではランチスポンサーとして、出展します!

いずれのイベントでも、NGINX社による講演と、展示ブースでの参加を予定しています。また、どちらのイベントでも、サイオステクノロジーがパートナーとして、共同でブース運営に参加します。

お申し込みは以下のサイトから。

 

 

ぜひ、皆さまのご来場をお待ちしております!

11/14(水)、NGINX MeetUp Tokyo #1 を開催します!

前回のMeetUp #0に続き、11/14(水)にNGINX MeetUp Tokyo #1 を開催します。

概要

日本のNGINXユーザー、また関心をお持ちの方に向けてNGINX最大のイベント NGINX .conf 2018 の最新情報とWeb Application Firewall機能のNGINX WAFをご紹介します。2つのセッションとセッション終了後には懇親会を用意しておりますので、NGINXを利用する方同士での交流もいただける場になっています。

これからNGINXを使ってみたいという方も、NGINXを使いこなしている方も、NGINXにご興味をお持ちの方、NGINXが大好きなかたまで皆様のご参加をお待ちしております。

なお、Meetupの内容は後日動画配信を予定しております。遠方の方は配信動画の公開をお待ち下さい。 NGINX MeetUp Japanのグループ登録も合わせてよろしくおねがいします!!

プログラム

  • 16:30~    受付

  • 17:00~17:10 オープニング & NGINX Meetup Japan 立ち上げについて

  • 17:10~17:40 講演1 NGINX .conf 2018最新情報

    概要:サイオステクノロジーの原尚史が、アトランタで2018年10月6日〜8日に開催されたNGINX .conf 2018 の最新情報をお伝えします。
    現地で入手したNGINXの最新情報をどこよりも早くお伝えいたします。 

    講師:サイオステクノロジー株式会社 イノベーティブソリューション事業企画部 原 尚史

  • 17:40~18:10 講演2 NGINX WAFについて

    概要:サイオステクノロジーのセキュリティエヴァンジェリスト 面 和毅が、NGINX WAFについてご紹介します。
    コミュニティ版とPlus製品の違いを含めてご紹介予定です。 

    講師:サイオステクノロジー株式会社 セキュリティエヴァンジェリスト 面 和毅

  • 18:10~19:00 懇親会 NGINX ノベリティ抽選会!!

※講演資料は本サイトにて後日公開予定です。

イベント参加について

以下URLよりお願い致します。

【申し込みURL】

https://nginx-mj.connpass.com/event/103617/

9/7(金)、NGINX MeetUp Tokyo #0 を開催しました!

9月7日(金)、NGINX MeetUp Tokyo #0 と題し、サイオステクノロジー本社でNGINXにご興味のある30名の皆様とお会いできました!

今回のメインテーマは、ソフトウェアロードバランサーの優位性、中でもNGINX、NGINX Plusのロードバランサーとしての優れた機能や事例のご紹介です。

続きを読む

NGINXイベントを開催します!

突然ですが、NGINXイベントを弊社サイオスビル9Fで開催致します!
既にNGINX Plusを導入されている方、またはNGINXコミュニティ版を導入されておりPlusを検討されている方、導入していないがNGINXに関心のある方であればどなたでも大歓迎です!

詳細につきましては以下の通りです。

<イベントページURL>
https://nginx-mj.connpass.com/event/99106/
=============================
【イベント名】
NGINX MeetUp Tokyo #0

【開催日時】
2018年9月7日(金)
17:00 – 19:00


【開催場所】
サイオステクノロジー株式会社[MAP]
東京都港区南麻布2-12-3 サイオスビル 9Fコラボレーションラウンジ

<アクセス>

電車をご利用の方     
東京メトロ南北線・都営三田線      「白金高輪駅」下車 出口4より 徒歩5分     
東京メトロ南北線・都営大江戸線      「麻布十番駅」下車 出口1より 徒歩12分  
※徒歩でかかる時間は目安ですので実際の時間とは異なることがあります。

バスをご利用の方

品川駅(高輪口)      
都営バス5番乗り場より      「反96」六本木ヒルズ行「古川橋」停留所下車      
都営バス7番乗り場より      「品97」新宿駅西口行「古川橋」停留所下車     

新橋駅
都営バス5番乗り場より      「都06」渋谷駅前行「古川橋」停留所下車     

渋谷駅(東口)      
都営バス58番乗り場より      「都06」新橋駅前行/赤羽橋駅前行「古川橋」停留所下車

【参加費用】
無料

【開催プログラム】
16:30~ 受付

17:00~17:10 オープニング

17:10~18:00 講演     

<タイトル>
NGINXをもっと知ろう! (NGINX Plus ロードバランサー 半端ないって~!)    


<概要>
サイオステクノロジーの原尚史が、ロードバランサー市場の最新動向やホワイト ペーパーで

紹介されているロードバランシング機能を深掘りします。

<講師>
サイオステクノロジー株式会社        
イノベーティブソリューション事業企画部 原 尚史        

18:00~19:00 懇親会 NGINX Tシャツ抽選会

【申込み方法】
下記リンクよりお申込み下さい。


【参加特典】
参加頂いた方全員にNGINXステッカーをプレゼント!
また抽選でNGINXオリジナルTシャツもプレゼント!
=============================

nginx.conf 2017 参加レポート | NGINX Application Platform & NGINX Unit 発表

サイオステクノロジーは、米国 オレゴン州 ポートランドにて開催された nginx.conf 2017 に参加してきました。本記事では、この nginx.conf 2017 にて発表された内容を現場の雰囲気も含めて公開します。
 

サイオステクノロジー 村田です。今回、米国時間 2017年9月6日(水)9時より開催された nginx.conf に参加してきました。今回の nginx.conf 2017 では、2つの大きな発表がありました。

目次 [hide]

NGINX Application Platform

そのうちの1つがエンタープライズ向けのアプリケーションプラットフォーム群の NGINX Application Platform 、そしてもう一つが新たな オープンソースプロジェクトとなる NGINX Unit の発表でした。

eb4fa566-6836-41de-9b1e-79bc27c8769b

出展:https://www.nginx.com/blog/introducing-nginx-application-platform/
The NGINX Application Platform gives enterprises the tools they need to deliver applications with performance,reliability, security, and scale

Day1のキーノートセッションでは、Nginx Inc. のCEO である Gus Robertson氏により NGINX Application Platform の発表が行われました。この発表とともに会場は大きな拍手と歓声が響きわたり、この発表の意味の大きさが伝わりました。

66d99874-16cb-4131-998b-e29c76a6c046

 

エンタープライズ向けのサブスクリプションとして展開している NGINX Plus では、この Application Platform が包括して提供され、これまでの NGINX Plus に、GUIによる包括的な管理を可能にする NGINX Controller そして、Application Server となる NGINX Unit が加わえて NGINX Application Platform として提供される予定だ。

NGINX Controller

ワークフローや権限管理への対応や、マルチクラウドに対応するなど、近年求められる自動化の要件をしっかりと抑えている所も見逃せない。

5472d5fd-8c33-48ec-8387-e606b9ab752a

 

NGINX Unit

a8f32fa2-7f34-418d-87e8-838b4a6b298a

 

NGINX Unit は、Day2 にてオープンソースプロジェクトとして新たにスタートする事が発表された。この発表には NGINX の開発者である Igor氏が自ら登壇して説明を行いました。

(サイオスは前日に Igor氏を含むメンバーとミーティングをしていたので、Igor氏本人からはこの NGINX Unit の発表を期待してほしいと言われていたため、この意味が実際に聞くとよくわかりました。)

7bb12ee5-56df-44b8-a248-be291a061502

 

NGINX Unit では、PHP と Python、Go 言語をマルチランゲージとして取り扱うことが出来る他、マルチバージョンとしての対応の行われる。今回の発表段階ではこの3種類の言語であるが、ロードマップ上では JAVA 、Node.js への対応も計画がされていることが発表された。

6a0ed3c5-5ef6-46eb-8d95-5b34bc5a6b9f

NGINX Amplify

NGINX Unit の発表に続き、既にBate版で発表されていた NGINX Amplify のGeneral Releaseについても発表が行われました。NGINX Amplify は NGINX を管理するために開発されたモニタリングツールで、NGINX Amplify により NGINX Plus 、NGINX 、NGINX Controller を管理できるとされている。

NGINX Amplify の利用方法は本ブログでもまとめているので、参考にしてもらいたい。

2f069c33-7199-4cbe-90df-55a6e0b0b583

 

今回の nginx.conf 2017 では、Day1ではエンタープライズ向け、Day2ではオープンソースコミュニティとして、2つの大きな発表が行なわれ、マイクロサービスに代表されるエンタープライズ Webアプリケーションの仕組みをより簡単に、そして高速に展開でき、運用面でも安心して使えるように大きな改革が起こる予感を感じました。

変化に対応できない企業は衰退を辿り、変化により早く順応できた企業は成長をしているという言葉もあったが、まさに今後のWebアプリケーションの世界ではこの変化に対応できるのかが大事になると考えます。

サイオステクノロジー OSS事業企画部 村田

【特別企画】 NGINX MANIAX セミナー Vol.1

OSSのプロフェッショナルエンジニアが講演
 

本セミナーでは、NGINX をテクノロジーカットで解説し、今さら聞けない商用版とOSS版の違い、構築事例などから より深くNGINX を知りたい方にオススメです!ぜひ参加をご検討ください。

———————————————————————————————–

【特別企画】
NGINX MANIAX セミナー Vol.1

【日時】 2017年6月8日 (木) 18:30 ~ 20:30 (受付開始 18:00)

【場所】 東京都港区南麻布2-12-3 サイオスビル

【定員】 30名

【費用】 無料(事前登録制)

【プログラム】

  1. NGINXの機能概要
    OSS版をベースにNGINXの基本機能をそれぞれ完結に解説します。
  2. NGINXの負荷分散と性能
    負荷分散機能をより詳細に解説し、Apacheとの性能比較結果を説明します。
  3. NGINXの冗長化
    NGINX自体を冗長化するにはオンプレとクラウドで何が違うのか?といったポイントを解説します.
  4. NGINXの事例
    弊社にて構築した事例であったり、お客様にて構築された身近な事例を解説します。 またPlus版との機能比較を解説するのでOSS版かPlus版かでお悩みの方必見です。
  5. 質疑応答

※ 内容は予告なしに変更することがございます。

▼▽▼ セミナー詳細/お申し込みはこちらから ▼▽▼

http://sios.jp/products/oss-integration/service/oss_on_cloud/nginxmaniax1.html