2016年 9月 の投稿一覧

NGINX Plus R10 リリース

本記事では2016年9月23日にリリースされました NGINX Plus R10についてまとめております。

NGINX Plus Release 10(R10)

  • 新しい Dynamic module: ModSecurity (パッケージ名は nginx-plus-module-modsecurity)、初期のModSecurity 3.0リリースで構築されています。
  • 新しい Dynamic module: nginScript (パッケージ名は nginx-plus-module-njs).
  • JSON Web Tokens (JWT)を使用したクライアント認証のサポート
  • TCP / UDPロードバランシング(NGINX variables, resolver support, map module, geo module, geoip module, および split_clients A/B testing support )に使用される stream モジュールの拡張。
  • 同じ仮想サーバー上に multiple ssl_certificate および ssl_certificate_key ディレクティブを定義することにより、デュアルスタックRSA / ECC証明書をサポートします。
  • proxy_bind ディレクティブの transparent パラメータを使用したIP透過性とダイレクト・サーバ・リターン(DSR)のサポート。DSRはUDPロードバランシングでのみサポートされています。
  • IP_BIND_ADDRESS_NO_PORT ソケットオプションをサポートしています(より多くのアップストリーム接続が可能です)。
  • Linuxカーネル4.2以降が必要です。 HTTP/2 の改善 : バッファリングされていないアップロードサポートと一般的なバグ修正。
  • 新しい NGINX 変数 : $request_id, $proxy_protocol_port, $realip_remote_port.
  • 更新されたモジュール (nginx-plus-extras および dynamic modules):
    • Headers-More module updated to version 0.31
    • Lua module updated to version 0.10.6
    • Phusion Passenger Open Source module updated to version 5.0.30
    • Set-Misc module updated to version 0.31

NGINX Plus R10 サポートOS :

  • CentOS 5.10+, 6.5+, 7.0+
  • Debian 7, 8
  • FreeBSD 9.3, 10.1+
  • Oracle Linux 5.10+, 6.5+, 7.0+
  • RHEL 5.10+, 6.5+, 7.0+
  • SLES 12, 12 SP1
  • Ubuntu 12.04 LTS, 14.04 LTS, 16.04 LTS
  • Amazon Linux 2016.03+
  • Support for Ubuntu 15.10 (Wily Werewolf) is no longer available.

NOTE: NGINX Plus R10は、nginx-plus-extrasパッケージを含む最後のリリースです。 このパッケージを使用しているユーザは、nginx-plusパッケージに移行し、必要なdynamic modulesをインストールする必要があります。

より詳しい情報は次のURL(英語)にてご案内しております: Announcing NGINX Plus R10

nginx 1.11.4 リリース

9月13日にリリースされたnginx 1.11.4 のリリース内容をご紹介します。
 

2016年9月13日にnginx 1.11.4がリリースされました。

今回のリリースでは、stream module で数多くの変数が追加されています。

ここでは本リリースの日本参考訳を公開します。

Nginx 1.11.4 リリース内容

  • 機能追加:変数 $upstream_bytes_received を追加
  • 機能追加:stream module にて以下の変数が利用出来ます。
    $bytes_received, $session_time, $protocol, $status, $upstream_addr, $upstream_bytes_sent, $upstream_bytes_received, $upstream_connect_time, $upstream_first_byte_time, $upstream_session_time
  • 機能追加:ngx_stream_log_module を追加
  • 機能追加: “listen” ディレクティブの “proxy_protocol” パラメーターでは、stream module にて $proxy_protocol_addr と $proxy_protocol_port の変数が利用出来ます。
  • 機能追加:ngx_stream_realip_module を追加
  • バグ修正:stream module と ngx_http_ssl_module を構築することが、ngx_stream_ssl_moduleなしに行うことができませんでした。このバグは 1.11.3 以降のバージョンが該当します。
  • バグ修正:IP_BIND_ADDRESS_NO_PORT の socket オプションは利用出来ませんでした。このバグは 1.11.2 以降のバージョンが該当します。
  • バグ修正:”geo” ディレクティブの “ranges” パラメーターのバグを修正しました。
  • バグ修正:”aio threads” と “sendfile” ディレクティブを使用した場合、 誤った応答が返されることがあります。このバグは1.9.13 以降のバージョンが該当します。

リリース内容の原文は以下の通りです。

Changes with nginx 1.11.4                                                                               13 Sep 2016

*) Feature: the $upstream_bytes_received variable.

*) Feature: the $bytes_received, $session_time, $protocol, $status, $upstream_addr, $upstream_bytes_sent, $upstream_bytes_received, $upstream_connect_time, $upstream_first_byte_time, and $upstream_session_time variables in the stream module.

*) Feature: the ngx_stream_log_module.

*) Feature: the “proxy_protocol” parameter of the “listen” directive, the $proxy_protocol_addr and $proxy_protocol_port variables in the stream module.

*) Feature: the ngx_stream_realip_module.

*) Bugfix: nginx could not be built with the stream module and the ngx_http_ssl_module, but without ngx_stream_ssl_module; the bug had appeared in 1.11.3.

*) Feature: the IP_BIND_ADDRESS_NO_PORT socket option was not used; the bug had appeared in 1.11.2.

*) Bugfix: in the “ranges” parameter of the “geo” directive.

*) Bugfix: an incorrect response might be returned when using the “aio threads” and “sendfile” directives; the bug had appeared in 1.9.13.