2016年 4月 の投稿一覧

NGINX Plus R9 リリース

本記事では2016年4月12日にリリースされました NGINX Plus R9についてまとめております。
 

2016年4月12日にNGINX Plus R9がリリースされました。

新たな機能として、Dynamic modules と UDP load balancing に対応しました。
以下に NGINX Plus R9 のリリースより日本語参考訳つきでご案内します。

目次 [hide]

NGINX Plus Release 9 (R9)

NGINX open source build 1.9.13, 2016/04/20

NGINX Plus R9 機能リリース

 

  • UDP load balancing をサポート, 設定は stream ディレクティブの設定を編集してください。
  • DNS SRVレコードを介して、アップストリームサーバーの設定を取得するための機能を追加、
    server ディレクティブの新しいサービスパラメータを使用して設定
  • UDP の応答が切り捨てられた NGINX Plus は、自動的にTCP上でDNS要求を再試行します
  • proxy_next_upstream パラメータが proxy_next_upstream ディレクティブに含まれていない限り
    NGINX Plus の再試行は、上流のグループ内の他のサーバーと非べき等のHTTPリクエスト(POST、LOCK、PATCH)に失敗しました  
  • 改良された cache metadata accounting
  • worker_cpu_affinity ディレクティブの新しい動的パラメータを使用して、使用可能なCPUを自動的に結合します。
  • 一部のキャッシュ書き込み操作は、現在 aio_write ディレクティブ上で構成され、プールのスレッドにオフロードすることができます。
  • 標準のエラーメッセージに署名と同様に、サーバーのレスポンスヘッダフィールドをカスタマイズできます。
  • Live activity monitoring dashboard を更新
  • nginx-plus-extras パッケージには以下が含まれます:

 

  • NGINX Plus R9 サポートOS :
    • CentOS 5.10+, 6.5+, 7.0+
    • Debian 7, 8
    • FreeBSD 9.3, 10.1+
    • Oracle Linux 5.10+, 6.5+, 7.0+
    • RHEL 5.10+, 6.5+, 7.0+
    • SLES 12, 12 SP1
    • Ubuntu 12.04, 14.04, 15.10
    • Amazon Linux 2016.03+

※ Ubuntu 15.04 (Vivid Vervet) はサポートされません。

より詳しい情報は次のURL(英語)にてご案内しております: Announcing NGINX Plus R9

 

NGINX Plus Release 9 (R9)

NGINX open source build 1.9.13, 12 April 2016

NGINX Plus R9 is a feature release:

NGINX Plus R9 is supported on:

  • CentOS 5.10+, 6.5+, 7.0+
  • Debian 7, 8
  • FreeBSD 9.3, 10.1+
  • Oracle Linux 5.10+, 6.5+, 7.0+
  • RHEL 5.10+, 6.5+, 7.0+
  • SLES 12, 12 SP1
  • Ubuntu 12.04, 14.04, 15.10
  • Amazon Linux 2016.03+

Support for Ubuntu 15.04 (Vivid Vervet) is no longer available.

More information: Announcing NGINX Plus R9

nginx 1.9.14 がリリース – OpenSSL 1.1.0 の互換性やHTTP/2上の機能改善 –

本記事では、2016年4月6日にリリースされました nginx 1.9.14 についてご案内します。
 

nginx 1.9.14 が 2016年4月5日にリリースされました。

今回の nginx 1.9.14 のリリースでは、OpenSSL 1.1.0 の互換性を追加、HTTP/2 上での機能追加や修正がメインになります。

以下に参考訳をご案内します。

目次 [hide]

nginx 1.9.14 リリース内容

  • 機能追加:OpenSSL 1.1.0の互換機能
  • 機能追加:次のディレクティブで HTTP/2 を使用できます。
    “proxy_request_buffering”, “fastcgi_request_buffering”, “scgi_request_buffering”, “uwsgi_request_buffering”
  • バグ修正:HTTP/2 を使用した時に  “zero size buf in output” がログに表示される可能性があります。
  • バグ修正:HTTP/2 を使用した時に “client_max_body_size” が正しく動作しない場合があります。
  • バグ修正:ロギングのマイナーなバグを修正

 

以下、Changes with nginx 1.9.14 の原文になります。

Changes with nginx 1.9.14                                                                      05 Apr 2016

*) Feature: OpenSSL 1.1.0 compatibility.

*) Feature: the “proxy_request_buffering”, “fastcgi_request_buffering”, “scgi_request_buffering”, and “uwsgi_request_buffering” directives now work with HTTP/2.

*) Bugfix: “zero size buf in output” alerts might appear in logs when using HTTP/2.

*) Bugfix: the “client_max_body_size” directive might work incorrectly when using HTTP/2.

*) Bugfix: of minor bugs in logging.

出典:http://nginx.org/en/CHANGES

Nginx Inc,が開発するエンタープライズ向け製品「NGINX Plus」

企業での利用には、無停止での設定反映やGUIでの管理機能等の機能拡張に加え、日本語サポートが付属する NGINX Plus のご利用をお勧めしています。