12月8日 nginx 1.9.8、12月9日に nginx 1.9.9 がリリースされました。 各バージョンでのリリース概要をご案内しています。 バグ情報も含まれておりますので、 nginx 1.9.8のご利用はご注意ください。
 

こんにちは、村田です。

12月8日 nginx 1.9.8、12月9日に nginx 1.9.9 がリリースされました。
nginx 1.9.8にはunix domain sockets へのプロキシが正しく動作しないという重大なバグが含まれていたようで、即座に nginx 1.9.9 がリリースされました。ご利用の際は nginx 1.9.9をご利用頂くのが良いかと思います。

詳細はページ内の参考訳と原文をご確認下さい。

目次 [hide]

nginx 1.9.9

  • Bugfix:変数を使用した場合、Unix domain sockets へのプロキシが動作しませんでした。
    当バグは nginx 1.9.8 から含まれていました。

リリース原文

Changes with nginx 1.9.9                                                                                     09 Dec 2015

*) Bugfix: proxying to unix domain sockets did not work when using variables; the bug had appeared in 1.9.8.

nginx 1.9.8

  • 機能追加:pwritev() に対応
  • 機能追加:Upstream ブロックの include ディレクティブが追加されました。
  • 機能追加:ngx_http_slice_module が追加されました。
  • Bugfix:LibreSSLを使用した場合、ワーカープロセスでセグメンテーションフォールトが発生する可能性があります。当バグは nginx 1.9.6 から含まれていました。
  • Bugfix:nginx はいくつかのケースで OS X 上に構築することができませんでした。
Changes with nginx 1.9.8                                                                                    08 Dec 2015

*) Feature: pwritev() support.

*) Feature: the “include” directive inside the “upstream” block.

*) Feature: the ngx_http_slice_module.

*) Bugfix: a segmentation fault might occur in a worker process when using LibreSSL; the bug had appeared in 1.9.6.

*) Bugfix: nginx could not be built on OS X in some cases.